News Ticker

SENNHEISER、春のヘッドフォン祭2016で「HE-1」を国内初出展

sponsored links

ヘッドフォン祭の目玉がまた1つ増えました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1991年に発売されたあのOrpheus(HE 90/HEV 90)の後継機種となる「HE-1」を国内で初めて試聴できるそうです。

sennheiser-orpheus-HE90

ちなみにOrpheusは世界限定300台、16,000ドル(1991年当時の最安値は1ドル=125円だったそうので、少なくとも約200万円)。

その価値は現在も上がっているようで、IFA2015ではOrpheusが盗難されるといった事件もありました。

http://www.head-fi.org/t/779696/theft-of-orpheus-at-ifa-2015

そして今回展示されるHE-1はOrpheusの後継機ということで、お値段は更に上がり、なんと50,000ユーロ(約616万円)。まさに超弩級ヘッドホン。雲の上の存在。

恐らくは厳戒態勢の中での試聴になりそうですが、今後このような機会はあまりないでしょうし是非とも参加してみたいですね。

sennheiser-he-1

当日は混雑が予想されることから、事前に予約が必要とのことで、時間帯による抽選をするようです。

下記のページで予約方法の詳細が載っていますが、氏名、メールアドレスに加えてツイッターアカウントという謎の項目。抽選結果に影響があるとは思えませんが、何を求められているのでしょうか・・・

http://www.sennheiser.co.jp/sen.user.PressDetail/id/296.html

 

ちょっと当選確率を好き勝手に予想してみます。

視聴時間は約10分ということで、2日間合わせて開催時間は15時間30分。用意されるのは1セットのみでしょうから、最大で93人が選ばれる可能性があります。

そして最近だと2014年秋に2日間で8,000人の来場があったそうです。少なく見積もって1割の800人が試聴を希望したとすると、当選確率は約12%。

年々イベントの認知度が上がり、連休も重なっていることから今回の参加人数は増えるでしょうし、93人も理論値なので実際には10%を確実に下回るでしょう。

 

結局は運を天に任せるしかないのですが、私が当選した暁には是非、起動するところから体験したいですね。

 

そして音源の持込がもし叶うならば、密かな野望があったりなかったり・・・

Key Sounds Label Orpheus ~君と奏でる明日へのうた~ Key Sounds Label Orpheus ~君と奏でる明日へのうた~
No Operating SystemKey Sounds Label
売り上げランキング : 5226Amazonで詳しく見る
sponsored links

0件のコメント