News Ticker

ソニー、NW-A17をはじめとするハイレゾ製品群を国内発表

sponsored links

ベルリンで開催されたIFAにてソニーから発表された数多くのハイレゾ対応製品がついに国内で発表されました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NW-A17/NW-16

sony-nw-a16

 

こちらはIFAで発表されていたウォークマンAシリーズ「NWZ-A15/NWZ-A17」の国内版。型番が変更され、16GBのA15ではなく予告されていた32GBのA16がラインナップされています。

仕様については発表のあったとおり、独自OSを搭載したウォークマンAシリーズの新製品。

内蔵メモリに加え、microSDXCを外部メモリとして使用可能。重量66gと非常に軽量ながら、ハイレゾ音源を30時間も再生でき、BluetoothやNFC、FMラジオにも対応。

カラーリングはA17がブラックとシルバー、A16が2色に加えてローズピンクとブルーを選択できます。

価格は64GBのA17が約35,000円、32GBのA16が約25,000円。発売日は11月8日を予定しています。

この価格帯ではかなり魅力的な選択肢になりますね。

 

今後はF880シリーズの生産を終了し、ハイレゾ対応ウォークマンはNW-ZX1とNW-A17/A16の2種類となるそうです。

その他ウォークマン関連では、ハイレゾの再生には非対応ですが、新しいSシリーズ「NW-S15」「NW-S14」が発表されています。

http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201409/14-0925/

MDR-Z7

sony-mdr-z7

話題の新型フラグシップヘッドホン「MDR-Z7」も国内発表されました。

こちらもIFA時と仕様は変わらず、70mmの大型HDドライバを搭載。感度は102dB/mW、再生周波数帯域は4Hz~100kHz、インピーダンスは70Ω、本体重量は335gとなっています。

バランス接続に対応し、通常のヘッドホンケーブルに加えてバランスケーブルも付属。

価格は約56,000円。10月18日に発売予定。

オプションとしてKIMBER KABLEによる3種類のハイエンドケーブルも22,000~24,000円で販売を予定しています。

個人的にこれ、密かに気になる機種。装着性の良い室内用密閉型が欲しいのですが、TH900やTH600との比較が気になります。

 

ヘッドホン関連では他にMDR-A1と更にDACを搭載したMDR-1ADACが発表されています。

 

 

XBA-Z5

sony-xba-z5

こちらも話題の新型フラグシップイヤホン「XBA-Z5」。

16mmのダイナミックドライバとフルレンジ、ツイーター用のバランスド・アーマチュアドライバをそれぞれ1基ずつ搭載した3ウェイのハイブリッドモデル。

仕様はIFA時と変わらず、感度107dB/mW、再生周波数帯域は3Hz~40kHz、インピーダンス32Ω、重量は約11g。

価格はMDR-Z7よりも高い約65,000円、10月18日に発売予定。

従来のXBAシリーズとは系統の異なる新フラグシップということで、なかなかお値段も強気です。これまでの音の傾向を更に突き詰めた感じでしょうか、気になります。

 

イヤホン関連ではほかにXBA-Hシリーズの後継機となるXBA-A3、XBA-A2、XBA-A1が発表されています。この中ではXBA-A1だけがハイレゾ規格に対応していません。

PHA-3

sony-pha-3

IFAではPHA-3ACといった型番でしたが、国内ではこれまでの系統どおりPHA-3として発表されました。どうやら国内と海外で仕様が異なる模様。

MDR-Z7などと組み合わせてバランス接続が可能なポータブルヘッドホンアンプ。PCMは最大384kHz/32bit、DSDは5.6/2.8MHzに対応しています。

PHA-2の上位互換になりますが後継機ではなく、これまでと同様にPHA-2、PHA-1と併売するようです。

価格は約93,000円、10月18日の発売予定。

http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201409/14-0925B/

 

これらの新製品は早速明日からソニーストアで先行展示が始まるようです。

sponsored links

0件のコメント