News Ticker

パイオニア、DJ機器事業を分割譲渡しカーエレクトロニクス事業に注力へ

sponsored links

先日、世界シェアトップのDJ機器事業を売却するとの非公式の報道があったパイオニアですが、今回正式にDJ機器事業を会社分割、事業譲渡することを発表しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュースリリースによると、パイオニアはDJ機器事業を投資ファンドのKohlberg Kravis Roberts & Co. L.P.(KKR)が実質的に全株を保有するPDJホールディングス株式会社(PDJHD)に譲渡。最適な外部パートナーとともに事業・ブランドの拡大を目指す模様。

また、今後は以前発表のあったとおり、カーエレクトロニクス事業へ経営資源を集中させ、抜本的な事業転換を図り、世界No.1の独立系カーエレクトロニクスメーカーとして企業価値の向上を目指すとのこと。

 

さらに今回のDJ機器事業売却により、来年3月までにグループ従業員の一割、2,200人の人員削減を行うとの発表もありました。

http://www.sankeibiz.jp/business/news/140916/bsc1409161641006-n1.htm

 

承継会社としてパイオニアDJ株式会社(仮称)を設立するようですが、果たしてDJ機器事業、AV機器事業を切り離したパイオニア本体が今後どうなって行くのか、気になります。

http://pioneer.jp/

 

sponsored links

0件のコメント