News Ticker

アニメ、ゲームに登場したヘッドホン19 アイドルマスターシンデレラガールズ

sponsored links

暫くご無沙汰だったこの企画、ぼちぼち再開していきます。 今回は既に随所で話題となっている今期のアニメ「アイドルマスター シンデレラガールズ」から、登場人物のロックなアイドル「多田李衣菜」の使用しているヘッドホンについて。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実のところ最近までシンデレラガールズについてあまり知らず、多田李衣菜についてもアニメ開始前はよくヘッドホンをつけてるキャラがいるなぁ程度の認識でした。イラストには様々なヘッドホンが登場していましたが、どれもオリジナリティに富んだものばかりでしたので、特に気にも留めていなかった次第です。

ところが、先日放送された第11話「Can you hear my voice from the heart?」の中の1シーン。李衣菜が、同じく登場人物である前川みくの部屋で生活するために持ち込んだ荷物の中から・・・

imas-dereani-headphone-11

!!明らかに見覚えのある機種がゴロゴロ転がっています。これはチェックせねば。

ヘッドホン好きな方にとっては特定も容易かったでしょうが、一応ご紹介しておきます。

画面右から。

AKG オープンエアヘッドフォン Q701GREEN Q701GRN 『並行輸入品』

AKG Q701

AKGのヘッドホンはこれまでにも様々な作品に登場してきたのでお馴染みですね。しかも分かり易いアマガエル(グリーン)色。ついでに言うとラブライブ!の星空凛とお揃い。

 

【国内正規品】Beats by Dr.Dre Studio Wireless 密閉型ワイヤレスヘッドホン ノイズキャンセリング Bluetooth対応 ホワイト BT OV STUDIO WIRELS WHT

Beats by Dr.Dre Studio Wireless

白いハウジングに白いイヤーパッドといったらこちらの機種。パッド内も本来は白ですが、影になっているということで。演出上ケーブルは省かれているようですが、studioのワイヤレスバージョンがしっくりくるでしょう。

 

ソニー ステレオヘッドホン シルバー MDR-1A/S

 SONY MDR-1A

シルバーのハウジングにブラウンのイヤーパッド。中央はソニーのこの機種。一応最新の機種ということで、1R等ではなくこちらに。私もMDR-1Rを購入した時にはシルバーを選んだので少し親近感が湧きました。

 

【国内正規品】ヤマハ HPH-PRO500(A) 密閉ダイナミック型ヘッドホン レーシングブルー

YAMAHA HPH-PRO500

一番手前。ブルーのヘッドバンドから流線型に繋がるデザイン。 リング周りのアクセントからこちらの機種。

こうして見ていくと、やはりロックなアイドルからか、ファッション性の高い機種が並んでいます。価格もそこまで高級というわけではなく、様々なメーカー、機種に興味を持っているようです。

さて、残りは左上に見えるヘッドホンですが、先に紹介されているe☆イヤホンさんでも特定は困難ということで、ATH-M50Xのカラーリングを変更して近づけるという荒業に出ていました。出来れば現実的に実現し易い範囲で特定したいところです。

青く縁どられた円形のハウジングに特徴的なヘッドバンド・・・一瞬あの機種が脳裏に浮かびましたが、よくよく見るとハウジング中央に丸いラインがあることから確信までは至りません。

そういえば、同じくシンデレラガールズ第8話から、李衣菜が事務所に持ち込んだヘッドホンの1シーンを見てみると、

imas-dereani-headphone-8

 

K121 StudioやAH−MM400、HPH-PRO300のような機種が並んでいますが、ロゴマークにあたる部分が意図的に伏せられているようです。(左端の機種は未だ謎)

このことから、今回のヘッドホンについてもハウジング中央部の情報は当てにならないはず、ということはっ

imas-dereani-headphone-11-1ultrasone-edition7

 

 

 

 

 

 

 

 

ULTRASONE edition7

今ここに、だりーなのヘッドホンはedition7説を提唱します。

edition7とは、2004年に独ウルトラゾーン社から発売された定価450,000円、世界限定999本のヘッドホン。

ロゴマーク部分はアレンジされているとして、白いケーブルはそもそも描かれていないですし。

本来の白いイヤーパッドは恐らく加水分解でもして、もう売っていないことからedition9用の黒いものに交換したのでしょう。

他のヘッドホンに比べて価格帯が明らかにおかしいことについては、親御さんがこちらの世界に理解のある方だったということで。見た目を気に入っただりーなが勝手に持ってきたんだよ、きっと。

imas-dereani-headphone-11-2

 

ついでに、普段彼女がつけているヘッドホンは、ロックとの相性抜群のGRADOがモチーフとなっている模様。

edition7については結構無理があるように思いますが、ともかく、彼女には順調にヘッドホンマスターへの道を歩んでもらいたいですね。

 

(追記)

2016年3月某日、ULTRASONEからedition7の復刻版となる「tribute 7」が発表されました。

imas-dereani-headphone-11-1ultrasone-tribute7

青いハウジング、黒いイヤーパッド、ケーブル着脱可・・・!!

まさか1年先のモデルだったとは・・・

ULTRASONE Tribute 7の発表について思うところ

【国内正規品】GRADO RS1e オープン型オーバーヘッドヘッドフォン アメリカ製 新シリーズ 000912 【国内正規品】GRADO RS1e オープン型オーバーヘッドヘッドフォン アメリカ製 新シリーズ 000912

GRADO

Amazonで詳しく見る

sponsored links

2件のコメント

  • GRADO使いなのに正装ではないとは・・・

    だりーなちゃんの正装画像ください!!!!11


  • 紳士御用達のグラド、しかしだりーなはにわかなんだよなぁ・・・www