News Ticker

春のヘッドフォン祭2015で理想のイヤホンを探して来ました

sponsored links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

くみたてLab KL-REF

hpfes-kl-ref

くみたてLabからはハイブリッド型のカスタム「KL-REF」。ここのハイブリッド型の音はTRIOの刺激的なイメージが強かったのですが、KL-REFはリファレンス機に相応しい正統派サウンド。不自然な強調は感じられず、特にボーカルがクリアで気持ちよく聞こえ、かなりの好印象を受けました。

ここまでが低域の調整ダイヤルが0のときの話。これをMAXまで回すと、萌音と同等以上の、今日一番出ているんじゃないかというくらいの低音が響きます。さすがに出過ぎでしたので、個人的なベストは、0から少しだけ回した位置。モニターから少しだけリスニング寄りになり、Just Earで考えていたようなバランスを実現。その日の好みで自由に調節できる点は個人的にポイント高い。

お値段も調節機能付きで125,000円と、比較的手の届く範囲。いい。

Unique Melody Maverick Custom

hpfes-maverik-custom

通称マベカスこと、マーベリックのカスタムバージョン(右)。音の傾向はユニバーサル版(左)(低音高音をわずかに強調しつつもドンシャリ2歩手前くらいで良くまとまったサウンド。楽しい。)を継承していましたが、各帯域の音がスムーズにつながり、聴きやすくなっていると感じました。

これもハナヤマタのようなノリの良い楽曲にはとても良く合うのですが、今回は自然な音のバランスも重視していたので、すると若干方向性が違います。この辺りはもう個人の好みの問題ですね。

 

以上、試聴したイヤホンをメインに簡単な感想をまとめてみました。結論として、現段階での理想的なイヤホンは、

KL-REF > Oriolus カスタム ≧ Just Ear = SAVANT > Maverick カスタム > Monet17 > その他

という結果に。KL-REFがベストオブハナヤマタとなりました。音に加えて低音調節機能や価格が強かった。螺鈿オプションが復活次第、すぐにでも購入したいです。OriolusとMonet17は状況次第かな。

 

最後に個人的な感想として、祭の試聴音源にアニソンがちょくちょく入っていたことが印象に残りました。目玉製品となったAK380にはラブライブ、SE-MASTER1ブースでは加えてマクロスFが用意されていましたので、こちら方面からの需要を見込んでいるのでしょうか。Kuradaさんのブースでは茶太さんのアルバムが多く入っていて素晴らしく感動しました。

秋にはもっと余裕をもって参加したいなぁと思いつつ、今回のように一定の基準と目的を持って回るのもまた良いですね。

プレミアムヘッドホンガイドマガジンvol.4 プレミアムヘッドホンガイドマガジンvol.4

音元出版

Amazonで詳しく見る

sponsored links

1件のコメント

  • ヘッドフォン祭行けない身からすればこういうのはありがたいねー