News Ticker

final D8000の開封とファーストインプレッション

sponsored links

finalから11月30日に発売された平面磁界型ヘッドホン「D8000」を購入したのでその開封の様子と簡易レビューです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

早速開封していきますが、過去経験したことのない、最も凝った作りとなっていました。

購入はファイナルのダイレクトショップから。

定価は388,000円とかなり高額ですが、ダイレクトショップで初めて購入する際に使用できる「お友達紹介割引」の10%OFF、そして誕生月の10%OFFクーポンがまさかの併用可能と知り、加えて10%ポイント還元もあるため、このタイミングを逃すまいと思い購入に踏み切りました。

FINAL DIRECT SHOP:http://final-audio-design-directshop.com/

(ついでにちょっとだけ宣伝ですが、ダイレクトショップで初めて購入する際には、お友達紹介割引でID「hpplusep」を使って頂けると嬉しいです。10%OFFで購入でき、私にもポイントが付与されます。当面は後日発売されるシルバーコートケーブルになる予定です。)

外箱にはシリアルナンバーが貼られています。

ビニールを外すと納品書の入った封筒がありました。

外箱を開けるとさらに厳重に梱包された中箱が出てきます。

中箱を開けると、丁寧に梱包されたおなじみの柄の内箱が出てきました。

内箱を開けると開封順と思われる番号が書かれた箱が出てきます。

観音開きからのヘッドホン本体を慎重にスライドさせて取り出します。

ふと子供のころに遊んだ変形ロボの感覚を思い出して少しワクワクします。

背面と上部にそれぞれケーブルが収納されています。

このあたりでどの爪を外せばいいのか分からず、少々戸惑いました。

最後にヘッドホンスタンドを取り出します。

しっかりと開封手順を覚えておかないと、この後の収納が大変そうです。

ヘッドホンを取り出しました。最後まで丁寧な仕事が見て取れます。

ようやく全てを取り出せました。普段あまり縦長の写真は撮らないのですが、スタンドに掛けたヘッドホンの存在感に魅せられました。

スタンドはしっかりとした作りで中々の重みがあります。

各アングルから。ヘッドバンドは幅広で十分なクッション性を持っています。

イヤーパッドの肌触りは非常によく、弾力も通気性も十分。

ほぼ全てのパーツがネジで接合されているらしく、高いメンテナンス性を持っていることも購入理由の一つでした。

一眼レフカメラのボディを彷彿させるアルミ、マグネシウム合金切削筐体。

ウッドハウジングや鏡面仕上げのものと比べて気兼ねなく普段使いできそうです。

ドーナツ型に縁どられた金属板には非常に細かい穴が開いています。ここに細かな埃が付着しやすいので、気になる人はブロワーで飛ばすと良いかもしれません。ますますカメラっぽいです。

ハウジングとヘッドバンドの接合部は球体関節のようになっており、XYZ軸全てに対しある程度回転します。グリスが塗られているため、このあたりのメンテナンスの必要性についても気になるところです。

ケーブルは押し込み後に回転させて固定します。

スタンドに掛けてもコネクタ部に負荷のかからない絶妙な高さ。

こだわり抜かれた梱包と外観を一通り堪能した後、しばらく聴きこんでみました。

ヘッドホン祭で初めて試聴した時にも感じましたが、D8000はどの楽曲も満足に聴かせられる高い基本性能を持っています。各々の音の好みはありますが、それでも一定レベルを超えた音の良さは伝わるでしょう。

ファーストインプレッションとして、自然な音のバランスと解像度の高さ、程よい音場と音抜けの良さがある一方で開放型とは思えない低音域の再現性、ボーカルの自然さと音が消える瞬間の余韻が素晴らしいと感じました。

家ではスピーカーを使うことが多くなっていましたが、これからはヘッドホンの使用率がぐんと上がりそうです。

 

final D8000 FI-D8PAL 平面磁界型ヘッドホン final D8000 FI-D8PAL 平面磁界型ヘッドホン

final

Amazonで詳しく見る

sponsored links

2件のコメント

  • このたびD8000を購入するにあたり、大変参考にさせていただきました。
    ダイレクトショップでの注文に際し、誠に勝手ながらID「hpplusep」を利用させていただきました。
    ご容赦くださいますようお願いいたします。


  • >>1
    コメントとご報告ありがとうございます。
    D8000良いですよね。ヘッドホン環境にはある程度満足していましたが、うっかり祭で聴いてしまってから購入まであっという間でした。
    現状でも良い音を聴かせてくれますが、いずれはヘッドホンアンプにも拘りたいと思わせてくれる一品です。