News Ticker

完全ワイヤレスイヤホンの可能性を垣間見るEARINのレビュー

sponsored links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イヤホンをケースに収め、画像のように充電します。

端子側のライトでケース側の充電、側面の小さなライトでイヤホン側の充電の様子が分かります。

 

DAPには普段持ち歩いているiPhone 7 Plusを使用し、イヤーピースは標準のものを装着しています。

aptXに対応していればより高音質になるそうですが、残念ながらiPhone端末は非対応とのこと。以降はAACによるレビューとなります。

 

EARIN最大の利点はワイヤレスによる利便性にありますので、残念ながら音のほうはあまり良いとはいえません。

まず、仕方ないことかもしれませんが、スタンバイ状態に入った時点でわずかにホワイトノイズが発生します。静かな室内で曲の停止中、気になる程度です。また、曲を再生・停止する瞬間にプツッというポップノイズもありました。こちらは少し大きめで気になります。

更に曲の再生中、無線の転送方式のためか、かなりの頻度で右側の音が途切れます。使用環境によるのかもしれませんが、室内でじっとしている時にも発生したのでゆっくり音楽に集中することができませんでした。かなりのマイナスポイントです。それに関係してか、音の定位が左に偏っていると感じることが度々ありました。

 

全体的な音のバランスは程よくまとまっています。低音は出過ぎず必要十分量。少し中高音が前に出てくるので、ボーカルものとの相性は悪くないです。

ただ、個人的には高音が伸びきっておらず、曇って聞こえてしまう点が残念に思いました。音場は狭いですがこんなものでしょう。

現在は2万5千円前後で販売されていますが、価格なりの音は期待しない方がよさそうです。

 

使用感

先述した音の途切れ等を除けば、EARINの特徴でもある完全ワイヤレスは快適そのものでした。コードの絡まりやタッチノイズから解放される点はもちろんのこと、使用中ケーブルがどこかに引っかかるといった心配が皆無。これは嬉しいです。

個人的おすすめは就寝前、布団の中での音楽鑑賞。どんな体勢になってもケーブルが挟まったりせず、快適に聴くことができます。また、外出時に着込んだり荷物がある場合など、ケーブルが引っかかりやすい状態でも、完全ワイヤレスのため気にせず音楽を聴き始めることができます。

本体にボタン類がないため、使用後には常にケースに収納する必要がありますが、ケース自体が持ち運び容易なことと、本体をそのままにして失くすより安心できるため、そこまで苦にはなりませんでした。

 

ただ、やはり使用においても気になる点がいくつか。

1.左右の判別方法が本体に印字されたLRの文字だけなので、暗いところでは全く区別がつきません。これはケースに収納する際のポジションを固定することで対応できます。

2.本体にボタン類がないことから、接続不良時のリセットにもケースに収納する必要があります。あまり機会はありませんが、少し面倒。

3.ケースが細長い円柱状のため、机上に置く場合、横にすると転がります。楕円形でもよかったのでは。

4.スマホ本体の操作が本体の音に反映されるまで、一秒ほどの遅延がありました。音楽を聴く時には問題ありませんが、ゲームなどをする際には注意が必要です。

また、Earinという公式アプリが公開されています。これを使えば左右のバッテリー残量の確認と、左右の音量のバランス調整、バスブーストができますが、なかなかイヤホンを認識してくれません。

が、特に使用せずとも不自由はしませんので使用はお好みで。

 

まとめ

初の完全ワイヤレスイヤホンでしたが、まだまだ発展途上感が否めない分野であると感じました。

ケーブルの煩わしさから解放される点はかなりのメリットであり、その体験は素晴らしいものでしたが、頻繁に発生する右側の接続不良は個人的に許容できないレベルでした。これがどうしても気になってしまい、長時間の使用には全く向いていません。

少しの空き時間や移動時間など、メイン機器を鞄から取り出して準備する手間を億劫に感じたときがEARINの出番です。ポケットから取り出してシャッ、スチャッ。これだけで普段持ち歩いているスマホから音楽を聴くことができます。

この便利さに慣れてしまうと中々普通のイヤホンには戻れない人も多いのではないでしょうか。

 

AirPodsの登場でますます存在感を増してきた完全ワイヤレス型イヤホン。オンキヨーからはW800BTが発売され、CES2017ではソニーも参考展示するなど、市場の拡大が続きそうです。

ちなみに、EARINからも新モデルとなるM-2が発表されており、今年の第2四半期に発売されるようです。

AirPods以外の完全ワイヤレスイヤホンの購入を考えている方は、もう少しだけ様子を見た方がよいかもしれません。

 

【国内正規品】 EARIN 超軽量・超小型タイプのワイヤレスイヤフォン EARIN 60001 【国内正規品】 EARIN 超軽量・超小型タイプのワイヤレスイヤフォン EARIN 60001

EARIN
売り上げランキング : 81528

Amazonで詳しく見る

sponsored links

0件のコメント