News Ticker

秋のヘッドフォン祭2014フォトレポートメモ~FitEar編~

sponsored links

秋のヘッドフォン祭2014レポート第2弾はFitEarブースから。 当日に先行販売された新型ユニバーサル「fitear」に加えて、サプライズ発表されたカスタムIEM「Aya」が展示されました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初日の発表会前まではfitear、発表会後はAyaを視聴することができ、2日目からは両機種を比較視聴することができました。

連日大盛況のブースで、特に発表会直後は会場入口近くまで列が伸びたりもしましたが、各試聴機は4、5本用意されていて滞りなく列が消化されていたと思います。

 

fitear

hpfes-fitear-fitear-0

 

まずは一つ目の新製品「fitear」。メーカーの名前をそのまま冠する、FitEarの開発を始めてから約10年かけてたどり着いた一つの到達点となる製品で、強い意気込みが感じられます。

fitear自体は既に何度か試聴する機会がありましたが、発売開始に合わせて付属する新型ケーブル「006」は初披露。物販列に並ぶ通常の販売方法とは異なり、一度ブースでfitearと006ケーブルを試聴することが購入条件に。その後、購入整理券を受け取り物販コーナーで購入するという流れ。整理券は60番台以上出ていたようなので、かなりの本数が販売されたようです。

サウンドは明朗快活。透き通るようなボーカルで中高域の綺麗さが目立つ一方、メリハリのある引き締まった低域、特にスネアドラムの響きが気持ち良い。MH335DWのような量感ある低音ではありませんが、ノリの良い曲とかなり相性が良さそう。これからのFitEar製品群のリファレンスとなるか。

また、fitearと同じくドライバが公開されていないユニバーサル「Parterre」と大ざっぱに比較して、明るい曲はfitear、しっとりした落ち着いた曲にはParterreといったような使い分けが出来そうです。

006ケーブルについて、これまでのケーブルよりも細身で取り回しはかなり良い感じでした。

 

sponsored links

1件のコメント

  • レビュ乙